0

5月5日 水田カエル走査

Posted by ふかみどり 5月 05, 2012 Posted in 活動報告2012

参加者: 高久 清水(主犯)
5月になり、水田でのカエルの繁殖も最盛期を迎えました。
この時期、カエルの鳴声を追うことで、おのおのの種の分布を把握することができます。
今回、先日の夜間活動で見られた種々のカエルが、どの程度みられるのかを把握しようと
夜の角田山麓を走り回りました。
05062
ニホンアマガエル。
今晩も、シュレーゲル共々ほぼすべての水田で鳴き声・姿をみることができました。
05061
トウキョウダルマガエル。
鳴いている水田は偏在している傾向がありました。
05063
トウキョウダルマガエルorトノサマガエル?の成体(♀)
産卵場所へ移動中の道路上で姿を目にしました。
05064
トウキョウダルマガエルorトノサマガエル
今回、鳴き声から判別できたのはトウキョウダルマガエルのみであったものの
トノサマガエルでは?という姿の個体を時折目にすることがありました。
過去行われた調査資料では、角田山では県内に分布する13種のカエル中11種(12種)が記載されています。
これは、山岳棲・渓流棲の2種を除くすべての種類がみられたこととなります。
しかし、今日では、その内野外で容易にみられる種は大きく減じています。
そのかつての“普通種“の中には、近年裁定された、新潟市のRDBに含まれる種も複数含まれています。
今後、繁殖期の後半に入り、これらカエル類の分布を追ってゆく予定です
文責:清水

pagepeel by webpicasso.de