0

4月2日 角田山麓生き物探し

Posted by ふかみどり 4月 02, 2013 Posted in 活動報告2013

参加 : 滝さん + 老人1名

IMGP5857s
生き物を探して、角田山麓のポイントを徘徊しました。
当初は早春の蛙の終了確認の予定だったのですが…

IMGP5881s
いつものポイントのクロサンショウウオの卵嚢(透明型)。
着々と発育が進み、もうほとんど幼生となっています。

IMGP5814s
湯の腰のニホンアマガエル。仁箇でも出没を確認。
前回湯の腰で1匹を初認しましたが、今回は多数が跳ねまわっていました。

IMGP5819s
同、緑色型。
明日の雨を控え、今年はじめて雨鳴きを聞くことができました。

IMGP5787s
妙光寺にて、蛾(クスサン?)の越冬卵。
鱗翅目は種によって、幼虫・成虫・卵・蛹と様々な姿で冬を耐え忍びます。

IMGP5839s
平沢の湧水地でみられたトキワイカリソウ。
新しい葉を展葉しつつ開花していました。

IMGP5844s
同、ナガハシスミレ?
仁箇でも確認。一帯では生物季節が進んでおり、吸蜜性の蝶が待っていました。

IMGP5910s
じょんのびでみられたジョウビタキ。
数羽が盛んに飛び交っていました。

同、フクロウのものと思われるペリット。(リンク先画像有:閲覧注意)
ネズミのものと思われる毛と骨が含まれます。
近隣地ではハタネズミの巣穴多数や死骸がみられました。
同地では夜間フクロウの鳴声を耳にすることがあり、これもその遺物と思わます。

他、鳥類ではチョウゲンボウ・ノスリなど、
昆虫ではギフチョウ・ビロードツリアブ・モンシロチョウなどがみられ
両生類では前回から数を増したタゴガエルの鳴声を各所で耳にしました。
爬虫類、ヘビやトカゲなどはみられず、まだ冬眠を続けている様子でした。

IMGP5905s
今年はとみに季節の移ろいが早いですが、この先春本番から初夏にかけ、
様々な生き物達が入れ替わり立ち代わりに季節の主役となって現れてきます。
新学期も控え忙しい候ですが、是非各々の興味の分野で野外に出てみてください。

(文責:清水)

pagepeel by webpicasso.de