0

3月2日 生物多様性保全ネットワーク新潟 シンポジウム見学

Posted by ふかみどり 3月 02, 2013 Posted in 活動報告2013

生物多様性保全ネットワーク新潟は、県内の各環境系NPOが連携したネットワークです。
今回は福島潟脇、環境と人間のふれあい館で行われたシンポジウムに参加・見学しました。

発起:大平さん
参加:大平さん 高久さん 児玉さん +自身

内容と公式な報告はこちらを御覧ください(→参照)

今回は県内における希少な生き物たちが中心で
ライチョウ、イバラトミヨ、そしてイヌワシと各演者の方の興味深いお話を伺うことが出来ました。
また、獣害の話題はイノシシとシカが北上を続ける昨今、大変考えさせられるものでした。

その後場を移した懇親会では児玉さんの研究報告と高久さんの琉球の土産咄が披露され、盛況を呼びました。
なお、シンポジウム自体は翌日のフィールド活動に続くのですが、ふかみどり組は1日目のみで中座しました。

ふかみどりでは活動の都合とメンバーの興味に制約される活動も多いですが、
その外の内容に興味が有る方はぜひサークル内のつて・こじんのつてに関わらず外部の人や繋がりに飛び込んでみてください。
その結果をサークル内に繋げることができれば、いっそう多様な活動に繋がると思います。

参加させていただいた3氏と井上さん、本当にありがとうございました

 

【リンク】
生物多様性保全ネットワーク新潟 : 今回のシンポジウムを開催したNPOのHPです
新潟ワイルドライフリサーチ (Wiron) : 県内の大学や専門学校などの研究者・学生などが中心となり、獣害などを扱っているNPOです

IMGP4571
潟脇の水田では、もうじき北へと戻るヒシクイとハクチョウが群れていました。

4/8 文責:清水

pagepeel by webpicasso.de