0

2月21日 アカガエル前線2015

Posted by ふかみどり 2月 24, 2015 Posted in 活動報告2015

アカガエル前線の通過を確認するため、分水~国上~弥彦を周回しました。
IMGP0667

IMGP0664 IMGP0654 IMGP0640
アカガエルは既に産卵を開始しており、例年のポイントでは約128卵塊がみられました
種類はヤマアカが主とみられますが、以前同地点でニホンアカらしき個体を確認しており、二種が混成している可能性があります

 

IMGP0735bb

IMGP0741 IMGP0687 IMGP0696
IMGP0592 IMGP0595 IMGP0718
クロサンショウウオは例年みられる池の殆どで産卵の最盛期を終えている様子で、多数卵塊がみられました。
前回の池で成体・卵塊の増加を確認した他、今回2地点で新たな産卵池を確認しました。

 

IMGP0602

IMGP0575 IMGP0600 IMGP0580
林床ではシロキツネノサカズキモドキ、ベニチャワンタケ、アラゲキクラゲ、フキノトウといった早春の気配もみられました。

 

【サンショウウオ・アカガエルを知りたい方への参考】

トウキョウサンショウウオ研究会
「最近10年間でのクロサンショウウオの減少と産卵環境の変化」
キャンパス周辺の観察地のいくつかは、恐らくこの報告に含まれるポイントとなります

カエル探偵団 / 両生類保全研究資料室
カエル検索表
2015年版アカガエル前線
報告の投稿に参加しています

爬虫両生類学会
爬虫両生類学会報(J-STAGE)

モニタリングサイト1000
モニタリングサイト1000 調査マニュアル カエル類
アカガエル2種の卵塊の判別法などが参照できます

 

ふかみどりにおける過去の例年のアカガエル前線およびサンショウウオ探索については、タグから参照願います

 

 

文責:清水

 

pagepeel by webpicasso.de