0

温見平

Posted by ふかみどり 5月 31, 2010 Posted in 活動報告2009

2009/11月 温身平
日程 09年11月
参加者 清水(企画) 久野
目的地 小国町温身平
目的 温身平での野生動物観察
概略
翌日から林道閉鎖となると聞き、晩秋の温身平に野生生物の観察へ出かけた。
当日は11月と思えない温かさでおりからの積雪は無く、紅葉は終わっていたものの、現地で出会う観光の人出も多かった。
当初昆虫の材採集を予定していたものの、経験者の不在により断念。
季節柄、変温動物や昆虫は少なく、遠方まで見通しのきく林内となっていたもののカモシカもみられなかった。
以下、観察・採集できた生物種。
道中
・白鳥(採餌中)
・たぬき(ロードキル)
現地にて
・アオダイショウ幼蛇(ロードキル)
・ヤマアカガエル(タゴガエル?)幼体
・オオアカゲラ
・ゴジュウカラ
・きのこ類(ナラタケ、クリタケ、ナメコ、ニガクリタケ 他晩秋~冬系のものが主)
なお、現地にて過疎地域振興シンポジウムの現地見学に遭遇。
ガイドの方と話しをしていたところ、”新潟大の学生さん?”と問われた。
聞くところによると、学内から研究で入り、シードトラップを設置している方がおられるが同日林道が閉鎖するのに回収に来ない、とのこと。
実際、林内数カ所において畳んだ状態のシードトラップに遭遇した。

s-PB080266.jpg
温身平にて鳥を探す。
s-PB080274.jpg
カモシカ沢にて。紅葉ももう終り。
s-PB080304.jpg
クリタケはもう大分ひなびてきていた。
s-PB080348.jpg
ナメコが出てくると、もう冬も遠くない。
s-PB080262.jpg
ニガクリタケ。大量にみられた。しかし毒菌。
s-PB080280.jpg
チャワンタケの類。これも多くみられた。
s-PB080358.jpg
タゴガエルの幼体。未だ冬眠していないことに驚いた。
s-PB080293.jpg
落下する種子を集めるシードトラップ。恐らく農学部動物研究室のもの。
文責:清水(きのこ屋)

pagepeel by webpicasso.de