0

日本スネークセンター見学

Posted by ふかみどり 5月 31, 2010 Posted in 活動報告2009

日本スネークセンター見学
日時 09年12月13日
参加者 清水(企画) たかく
目的地 群馬県・日本スネークセンター
目的 スネークセンター他幾つかの施設の見学、もとい観光
概略
年も暮れに近づく12月半ば、群馬県桐生市に位置する蛇専門の小規模な動物園、”ジャパンスネークセンター”へと見学に赴いた。
現地では研究員の方が説明しながら行うハブの採毒・餌やりの実演を見学した他、
透明標本、骨格、剥製、説明パネル、温室内の毒蛇・大蛇を見学した。
野外施設のシマヘビ・マムシ(ダンビマムシ)は季節柄殆ど冬眠に入っており、見られなかったものの小春日和に影響されたのか数匹が日光浴をしているのを観察することができた。
その後近隣の土地にあるアクアリウムの通販ショップ”チャーム”の物流倉庫内を見学し、ストックされている在庫の魚類や水草、梱包を行っている様子等を見学した。
見学後、時間があれば埼玉県羽生市に立地する”さいたま水族館”へ向かおうと計画していたものの、一名の寝坊による遅延で叶わず。
東北道を経由し、日帰りで学内まで帰りついた。
s-PC130180.jpg
入口からもう、なんというか、その、怪しい。  ノーコメント。ふかみどりではよくあること。
s-PC130210.jpg
採毒実演、及び無毒蛇に触れる体験コーナーが行われていた。
s-PC130302.jpg
都内毒蛇事件での押収ヘビのうち一個体。
s-PC130214.jpg
標本室にて、骨格標本。
s-PC130217.jpg
同、液浸標本
s-PC130280.jpg
蛇の水槽が並ぶ生体展示室。
s-PC130296.jpg
大蛇とされる蛇の一種、ボアコンストリクター。
s-PC130295.jpgs-PC130290.jpg
…こんなとこでなにやってんすかマロン様。
s-PC130261.jpg    s-PC130268.jpg
屋外にて。謎スポットその1、白蛇観音。  謎スポットその2。大谷石の廃抗。
反省点その他
当初1泊でと予定していたものの、最終的に日帰りの強行軍となった。
結果、往復600km前後の強行軍となり、非常に疲労した。
また、折から参加した2名と更に一名(ウシガエルさん)で向かうことを計画しつつあったが、日程の都合があわず下見と言う名目で二名のみで赴くこととなった。
二名ともはじめてではなかったものの、久方ぶりに訪れる同施設は記憶の中のそれに比して少々ならずひなび、規模縮小した感があった。
コアなヘビ好き人間にとっては訪れるべき施設ではあるものの、質・量的にも万人受けするものではなく、
また入場料と往復の手間は決して莫迦にならないため、仮に次訪れる機会があるなら、それを予め周知した面々で見学を行いたい。
なお、周辺地域、及び往復ルート付近にある観光地や生きもの関係のスポットとしては、
施設:なかがわ水遊園(栃木県)、さいたま水族館(埼玉県)
散策:谷川岳(群馬・新潟県境)、足尾山地(栃木県)
観光:草津・伊香保他の諸温泉
等がある。折角遠征して向かう以上、これらと併せて見学を行うならなおベターであろうか。
文責:清水(年増)

pagepeel by webpicasso.de