0

スッポン鍋(第1回)

Posted by ふかみどり 5月 09, 2010 Posted in 活動報告2009

・実施日 2009年12月某日
・参加者数 13名ぐらい
・企画 爬虫類・両生類班
脊椎動物の中でも、爬虫類や両生類を食べる機会ってあまりないですね。
そんなわけで、爬虫類を食べてみよう!第1弾はスッポンにしてみました。
スッポンは養殖場から生きているのを取り寄せたのですが、フツーに箱で送られてきたので驚きました。
箱を空けたら、網にいれられたスッポンが。
s1.jpgs2.jpg
s3.jpgs4.jpg
流石に疲労が激しいのか、元気なさげでしたが、網から出して流しに置いていたら、そのうち元気そうに動き出しました。
今回は捌きの部、食べる部で分けて行いました。
捌きの部にはあまり人は来ないかと思ったのですが、流石はふかみどりメンバー
猛者たち(女のコの方が多かったかも)数名が集まり、捌きの部は始まりました。
でも、まぁ、生きているスッポンと間近に触れ合う機会ってあんまないんで、最初は皆で戯れました。
さてさて、そのときが来ました。
HPで捌き方を確認し、いざ、捌くのに挑戦します。
今回は企画者、山椒魚が担当。まずは首を落とします。
ええ、勿論、むごいことになりました。
少し場の空気が重くなったとき、野人が言います。
「生きるために、必要なことなんや」
…的なことを。あんた、いいこと言うね。
尚、これらの様子は動画で撮っているので見たい方がいましたら言ってください。
首を落とした後、血を取ります。この血は焼酎に入れ、後で飲みました。
s5.jpg
※血など苦手な方は閲覧注意
血を抜いた後は軽く茹でた後、皮を剥き、捌いて行きます。
因みに、スッポンは、ほとんどの肉、内臓を食べることができます。(爪や膀胱など以外)
尚、このとき、野人のスッポン心臓喰い事件が起きますが、詳細は当事者に聞いてください。笑
食べる部ではスッポン鍋、また、食べられないかもしれない人用にフツー(?)の鍋も用意しました。
スッポン鍋の味付けは醤油と日本酒、あと、みりんを少し。これだけ。
今回の参加者はほとんど初めてスッポンを食べます。
お味のほどはいかに…!?
結果、とっても美味しかったです!!
脂肪、エンペラ(甲羅に付いてるヒダのようなもの)も美味しかったのですが、
特にレバーには感動しました。
レバーが食べれない人でも食べれるぐらい、レバーの美味しいとこだけしかないような…とにかく美味い!!
流石は高級食材、その理由がわかった気がします。
食べたあと
尚、食べたあとはできる限り骨をとりました。
いくつかのパーツは誰かの胃の中へと消えたため紛失しましたが、なるべく回収しました。
s8.jpg
生きているものを殺して食べるからには、できる限り無駄にはしたくない。
ただのエゴかもしれませんが、強くそう思います。
その味や食感だけでなく、食べること、生きることなど、普段、当たり前になってしまって、意識することが薄れてしまっているかもしれないものを、
少しでも考える機会ともなったのなら幸いです。
…なんて、語ってみました。すみません。
また、このような機会を設けたいと思います。
つづく…!

pagepeel by webpicasso.de