0

コウモリ観察

Posted by ふかみどり 3月 19, 2009 Posted in 活動報告2009

2009/03/19
企画者:佐藤雄大
・活動場所:新潟県内
・活動内容:コウモリ観察
・参加者
代表 佐藤雄大(哺乳類班 班長)
栗原成美
久野真純(哺乳類班)
・結果
今回の観察会では、おおよその個体数のカウント及び洞内外の気温・湿度の測定、バットディテクターを使ってコウモリの超音波を聴いた。
1.おおよその個体数
キクガシラコウモリ:5頭
コキクガシラコウモリ:約200頭前後
前回(2/15)に比べて半数程度までに数が減少していた。だいぶ暖かくなってきたので他の場所へ移動したものと思われる。中に標識バンドをつけた個体が数頭いた。このことから、この冬眠集団はいくつかの地域の個体群が集まって形成されるものと考えられる。
2.洞内外の気温・湿度の測定
洞内:気温18℃ 湿度55~60%
洞外(午後17時前):気温18℃ 湿度60%
気温はコウモリのねぐらの選定に大きな関係があるといわれている。今回から定期的に洞内の気温・湿度を計測していく予定。
3.バットディテクター
周波数:90~100kHz(キクガシラ、コキクガシラコウモリ)
実際に聴いてみると結構騒がしいです。
a-0903-3.jpg
a-0903-1.jpg

a-0903-2.jpg

pagepeel by webpicasso.de